写真の製品はドイツ規格のA型NW継手を日本のJIS規格に変換したものです、研究所や産業施設では諸外国から輸入した特殊な装置を使用しますがその建物にあるのは日本規格の設備ですから先ず変換が必要になります。今回はNWφ40→JISφ40片ニップル(TIG溶接)→塩ビφ40水栓ソケット→塩ビφ40×φ100INで日本JISになりました。これで真空配管や装置筐体排気も日本の設備を使えます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です