Author Archives: yamaken

水質汚濁防止法遵守に伴う工事、、、、、no巻!!

水質汚濁防止法 という法律が施行されたことに伴い茨城県つくば市にある研究学園都市の巨大な国の研究所でも有害化学薬品に指定されるものを浄化するスクラバーと呼ばれる浄化装置からの薬品漏れ等に備えスクラバー下にドレンパンを設置、小社は其のドレンを研究廃液槽までもらさず流すための化学薬液に侵されないポリプロピレン又はグラス強化性ポリプロピレン製配管を全溶接にて施工しております、既存物のある施設での施工ですから図面は頼れず、仕様を厳守して、施工しております、全48棟、ドレンパン600台以上、配管は実に3000M_を超えます。

Filed in 未分類 | Comment Now

GRP、PP化学薬液配管施工、、、、、no巻き!!

茨城県つくば市の広大な某研究所さまで化学薬液配管の施工が始まりました。材質は最近主流になりつつあるグラスファイバーで強化されたポリプロピレン管のプラスチック溶接仕様で約3000Mほどです。来年3月までの長期勝負ですがほとんどが研究棟屋上での施工でとにかくこの先寒くなりそうです。

Filed in 未分類 | Comment Now

塩ビ製スクラバー改修・洗浄メンテナンス、、、、、、no巻!!

同市内のお客様工場の20余年ご使用のスクラバーをお盆休み中に改修+洗浄メンテを行いたい旨の御依頼により工事させて頂きました。当スクラバーは上部に割れ等かなりの劣化がありましたので一度内部構造+一部ケーシング板を撤去し製作しなおしました。おそらく新品を製作した方が早かったと思いますが再届出関係や搬入経路の確保等の問題もありましたので改修に踏み切りました。お客様からは休業をせずスクラバー本来の機能に復活出来たとお褒めの言葉を頂き小社一同、感謝しております。

Filed in 未分類 | Comment Now

実験台上部排気ユニット製作、、、、、no巻!!

今回の御依頼は現状、実験台上で無機化学薬品を電熱器にて熱して行う作業をしているが其の蒸気に腐食しない材質で効率的に蒸気を吸い込むユニット製作でした。小社では無機化学薬品に腐食しない塩化ビニールを材料に選定し更に吸い込み口を斜めに向ける事で効率的な換気を提案しました。その他、電熱器用コンセント32個口+漏電ブレーカー+蒸気中水分が吸い込み口内部チャンバーに溜まる事を予想し底板に勾配をとりドレン抜きBVを設置しました。

Filed in 未分類 | Comment Now

写真の製品はドイツ規格のA型NW継手を日本のJIS規格に変換したものです、研究所や産業施設では諸外国から輸入した特殊な装置を使用しますがその建物にあるのは日本規格の設備ですから先ず変換が必要になります。今回はNWφ40→JISφ40片ニップル(TIG溶接)→塩ビφ40水栓ソケット→塩ビφ40×φ100INで日本JISになりました。これで真空配管や装置筐体排気も日本の設備を使えます。

Filed in 未分類 | Comment Now

残業で塩ビ製ベンチレーター架台製作、、、、、、no巻!!

            施工図面がはっきりしない案件では1日目の工事で実際に自分の目で状況を確認し夕方帰社してから製品を製作します。今回はFANは元請様が据え付けしましたので小社製作のベンチレーター架台の製作がこれでした。夜10時過ぎまで残業し溶融亜鉛鍍金の架台を製作し翌日無事施工完了です。此の架台は施工込で¥22000-/1台 ですから社員さんの残業代で赤字ですが小社では迅速・柔軟な対応を心がけております。

Filed in 未分類 | Comment Now

横浜市 水再生センター塩ビダクト工事完了、、、、、no巻!!

                遂に昨年11月~製作施工させて頂いていました 横浜市建築局様、某水再生センター給排気 塩ビダクト工事が完了しました。

Filed in 未分類 | Comment Now

壁貫通用スリーブ便利な特注製品、、、、、no巻

塩ビ管やSGP等様々な配管が壁を貫通しますがその為に開けられた孔と配管の間を埋め更に止水処理をし、更に見た目の綺麗でなくてはいけない。 これらを解決するため受注製作しているのが左の化粧スリーブ兼化粧プレートです。 此れはお客様のご注文で RC外壁に予め仕込んでいたVU管スリーブ内径にぴったりはまり更に壁面にコンクリビスで止められるように製作しました。

Filed in 未分類 | Comment Now

塩ビダクト・耐薬品設備は専門業社へ、、、、、、、no巻!!

以前より専門業ではない業者が行った設備の是正工事依頼の連絡が年に数回あります、大手、中堅、中小元請様各監督さまが専門業者を知らないとか予算がないなどの理由で耐薬品処理や材質選定を誤ったまま工事をした結果、1年~5年で薬液やそのミストや雰囲気に設備が侵され客先からのクレームで我々専門業者へ改めて工事を依頼するのです。此の場合当然2回分の工事代金を支払うわけですし客先からのクレーム事実もある訳で、、、いいことがありません。特に多いのは塩ビライニングダクトのFG部や折り返し部からの液漏れやFD+実管やFANケーシングの材質間違いでの事例です、各薬品にはそれぞれ其れに耐えうる材質の設備が必要ですが酸等の無機薬品+一部の有機約薬品には塩ビ設備が有効です。又、風向に対し接続方向を選んだり専門業には専門的なノウハウがあります。 塩ビダクトの専門業者は小社 (有)三和樹脂工業 他、埼玉T社、M社、A社、東京N社、綾瀬T社等々と数えられるくらいしか本当は存在しません、是非、専門業者への依頼を一回目の工事で、、、、、、、、 これはほんの一例です。 酸系の実験台排気に電気メッキ処理の FANを設置した間違いです。       こちらは実験台VDの外側にライニング ダクトを上方向から被せ液漏れしております。

Filed in 未分類 | Comment Now

フレキシブルダクト製作、、、、、、no巻!!

お客様の目的はφ300で 外れない、漏れない フレキを設備末端に取り付けたいけど既製品ではそのような物が存在しないので考えて作って欲しいと、、、、小社では通常、薬品雰囲気を吸ったり、真空ポンプ系には既製品カフス&バンドは使用せずフレキの中に差し込むタイプの特殊カフスを製作します。これは100㎜差し込み接着+塩ビ溶接をしておりますので漏れや通常使用時の脱落等心配ありません。

Filed in 未分類 | Comment Now