塩ビダクト、環境装置、スクラバーメンテナンス、、、、、、no巻!!

スクラバーと呼ばれる排ガス洗浄装置のメンテナンス業務も小社が行います。スクラバーはメンテナンスをしてこそ其の性能を発揮、維持し大気に放出してはいけない排ガスを洗浄しクリーンにし大気に放出します。メンテナンスは怠らず是非、弊社に

Filed in 未分類 | Comment Now

止まらない薬品雰囲気系ダクト交換依頼、、、、、、no巻!!

他社施工ダクト⇒弊社ダクトに交換!! 薬品雰囲気系、地下廃液ピット系、厨房排気系、等々の腐食系ダクトをライニングダクトやガルバリウムダクトで施工し2年程度で腐食し液漏洩により小社でオール塩ビ製ダクトの交換する依頼が多数あります。無機系薬液排気や硫化水素系排気等には塩ビダクトが有効です、是非、初回工事から塩ビダクトの採用をご検討ください。

Filed in 未分類 | Comment Now

神戸製鋼所さま 塩ビダクト更新工事、、、、、no巻!!

横浜からほど近い鎌倉市との市境にある藤沢市の神戸製鋼所の研究所にて塩ビダクトの改修工事を行わせていただきました。この物件は1年前より既存ダクト板をサンプリングし強度検査等にて劣化を証明した上でドラフトチャンバー12台分~屋上スクラバーまでの塩ビダクトを改修しました更にお客様からのご要望通りダクト内部を水洗いできる構造にし屋上露出部の劣化を防ぐ為、樹脂塗装をしました、近年の塗料は樹脂系が主流ですので優れた密着材を選べば塩ビにもしっかりと塗装が可能です。この塗料はN-7色です。

Filed in 未分類 | Comment Now

φ1700継手製作、、、、、、、no巻!!

富士通セミコンダクタ―三重工場さま向けφ1700 塩ビダクト継手を製作しております。しかし大きくて運搬が大変です。

Filed in 未分類 | Comment Now

塩ビダクトφ1700大口径製作・施工、、、、、no巻!!

富士通セミコンダクタ―三重工場さまでの大口径塩ビダクトの製作・施工にて大忙しとなりました。ここのところ半導体大手企業様の案件が止まりません。外国に半導体首位を奪われて久しい日本ですがここにきて外国半導体企業の不振をニュースが伝えるようになったと思っていたら日本の大手半導体企業の大規模設備投資が伝えられるようになり小社の様な末端業者へも物件が依頼されるようになった次第です。このまま半導体で日本が返り咲いてくれれば我が塩ビダクト・耐酸耐薬品業界も活性化されることです。がんばれニッポンの半導体!

Filed in 未分類 | Comment Now

水質汚濁防止法遵守に伴う工事、、、、、no巻!!

水質汚濁防止法 という法律が施行されたことに伴い茨城県つくば市にある研究学園都市の巨大な国の研究所でも有害化学薬品に指定されるものを浄化するスクラバーと呼ばれる浄化装置からの薬品漏れ等に備えスクラバー下にドレンパンを設置、小社は其のドレンを研究廃液槽までもらさず流すための化学薬液に侵されないポリプロピレン又はグラス強化性ポリプロピレン製配管を全溶接にて施工しております、既存物のある施設での施工ですから図面は頼れず、仕様を厳守して、施工しております、全48棟、ドレンパン600台以上、配管は実に3000M_を超えます。

Filed in 未分類 | Comment Now

GRP、PP化学薬液配管施工、、、、、no巻き!!

茨城県つくば市の広大な某研究所さまで化学薬液配管の施工が始まりました。材質は最近主流になりつつあるグラスファイバーで強化されたポリプロピレン管のプラスチック溶接仕様で約3000Mほどです。来年3月までの長期勝負ですがほとんどが研究棟屋上での施工でとにかくこの先寒くなりそうです。

Filed in 未分類 | Comment Now

塩ビ製スクラバー改修・洗浄メンテナンス、、、、、、no巻!!

同市内のお客様工場の20余年ご使用のスクラバーをお盆休み中に改修+洗浄メンテを行いたい旨の御依頼により工事させて頂きました。当スクラバーは上部に割れ等かなりの劣化がありましたので一度内部構造+一部ケーシング板を撤去し製作しなおしました。おそらく新品を製作した方が早かったと思いますが再届出関係や搬入経路の確保等の問題もありましたので改修に踏み切りました。お客様からは休業をせずスクラバー本来の機能に復活出来たとお褒めの言葉を頂き小社一同、感謝しております。

Filed in 未分類 | Comment Now

実験台上部排気ユニット製作、、、、、no巻!!

今回の御依頼は現状、実験台上で無機化学薬品を電熱器にて熱して行う作業をしているが其の蒸気に腐食しない材質で効率的に蒸気を吸い込むユニット製作でした。小社では無機化学薬品に腐食しない塩化ビニールを材料に選定し更に吸い込み口を斜めに向ける事で効率的な換気を提案しました。その他、電熱器用コンセント32個口+漏電ブレーカー+蒸気中水分が吸い込み口内部チャンバーに溜まる事を予想し底板に勾配をとりドレン抜きBVを設置しました。

Filed in 未分類 | Comment Now

写真の製品はドイツ規格のA型NW継手を日本のJIS規格に変換したものです、研究所や産業施設では諸外国から輸入した特殊な装置を使用しますがその建物にあるのは日本規格の設備ですから先ず変換が必要になります。今回はNWφ40→JISφ40片ニップル(TIG溶接)→塩ビφ40水栓ソケット→塩ビφ40×φ100INで日本JISになりました。これで真空配管や装置筐体排気も日本の設備を使えます。

Filed in 未分類 | Comment Now